2014年09月01日

「五條の家」見学会

見学会でした

奈良県でも、かなり南で、地図で見ると、遠く感じるのですが、車では、大阪から1時間です

そんなこともあり、何組かの人が、見学に来られました

R0036454


住まい手さんも、養生の取れたところは、はじめってだったようです

外観は、できるだけシンプルで、内部は、空間に贅沢をしました
吹き抜けを中心にした空間は・・・僕自身が理想とする「家」を、よく表現しているのかと思います

R0036541 R0036513

リビング                      ダイニング

R0036536

ユーティリティー


R0036481 R0036499

2階廊下                     吹抜

R0036473 R0036474

2階共用の書斎                寝室

R0036471

1階和室


どこにいても、家族の気配を感じてもらえるのかと、思います(萩野)


posted by ひとときネット at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 見学会

2012年03月18日

「豊中の家」見学会

外構工事を残しての完成見学会を行いました
(外構工事は隣の工事を待って、一緒に行うことになりました)

3階建ての住居からの移転です

家族の生活が階ごとで分断されていたのを解消するため、吹抜けを中心に、各部屋を配置しています(空調効率は少し落ちますが、暮らしは豊かになるのかと思います)

「ひとときネット」 吉野スタイル・キューブの変形土地バージョンで、阪口製材所の材を、素直に見せています
_0031909_0031910_0031914
今回も、動空間を単なる通路としてではなく、+αのゆとりの空間として、またテレビのない会話の空間として、回遊性を楽しめるように考えました
_0031922_0031924_0031947

共用部の壁はローラー漆喰、個室はすべて土佐和紙貼りで、各部のディティールもこだわりを捨てて、普通で無駄なコストをかけないようにしています
大切なお金を、こちらのこだわりのために使いたくない・・・そんな思いです
(住まい手は、福祉のNPOで一緒に活動している方で、奥さんの思いもそんなだろうと感じました・・・ただ、木の香りのする、本物の素材を使った家が欲しい…それを優先の方です)

_0031939
2階の個室は、勾配屋根に合わせて、収納を取りその上をオープンにすることによって、さらに、2階のホールと子供室の間の梁上をトーメイポリカとすることで、一体の空間として広がりを感じられるようにしています
_0031949   
1階の和室だけは、きっちりと天井を作り、吸音材を入れて、お母さんが泊まりに来た時、2階の寝室との生活時間の違いをなるべく感じないようにしています
 

_0031961

玄関は、タイルではなく洗い出しで、少しだけ和風の優しさを感じることのできる、広い土間としています
ここに、子どもたちの自転車が並ぶかもしれません

_0031962_3

間口があまり広くなく、メールボックスが取れなかったのですが、外に新聞を取りに行きたくないだろうと作った郵便受けです
今は少し塗れていますが、上の庇に樋がつけば、解消されると思います
これなら何日か不在でも新聞を止める必要はありません

子供たちが走り回る家にしたい・・・そんな思いで設計したのですが、夕方訪れた住まい手の子供たちの姿を見て、すこし効きすぎかと・・・(萩野)
posted by ひとときネット at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 見学会